野球がもっとうまくなりたい。自分の子供にもっと選手として成長してほしい。

あと一歩、他の選手との差をつけるためには、やはり他人よりも努力は欠かせません。でも闇雲の練習を繰り返すことはケガや選手生命に関わってきます。そんなときのどういった練習をすればいいのか、あなたに合う練習、上達プロセスをご紹介。

「栗嶋流!2週間で最強バッターになるシークレットマニュアル」

野球上達育成教材

セ・リーグ記録の川又選手も現役時代に実践!「栗嶋流!2週間で最強バッターになるシークレットマニュアル」

ヒットが打てないのは、練習が足りてないからではなく、技術的に難しいことをしようとしているから。理論的に正しいバッティングフォームをマスターして長打、強打を打とう!
「栗嶋流!2週間で最強バッターになるシークレットマニュアル」は、業界最大手「インフォトップ」さんのダウンロード販売【趣味・音楽・スポーツ部門】で第3位、【こども部門】で第1位を獲得しています。元中日ドラゴンズの川又米利選手推薦の「栗嶋流!2週間で最強バッターになるシークレットマニュアル」は、PDFファイル 本編チャプター1~4計111ページ、特典1+2計63ページで14,800円です。

ボールを上から叩けは難しい

ピッチャーが投げたボールを、上から叩くというのは「技術的にかなり難しいこと」です。これは、ボールを上から叩くを非難しているのではありません。むしろ上級なテクニックだとさえ思っています。理論的に正しいバッティングフォームをマスターしたほうが、何倍も早くチーム最強のバッターになれますよ。

情報が間違って伝わっているかも!?

速球を打てるようになるにはこの動体視力を鍛える必要があると言われますが、実は、140キロに達しない場合は、ごく一般的な動体視力で充分なのだそうです。動体視力を鍛えようと試行錯誤していた人もいるのではないでしょうか?このようにある意味間違った意図で情報が伝わっていく事が多いのです。単純に“バットを短く持てば打ちやすい”というのも正しくはありません。あなたも間違った情報を信じていませんか?

内容詳細

  • バッターボックスで“緊張しない自己催眠”とは?
  • 空振りが一気に減り、さらに腕力はそのままでも強い打球を打つ“真実のスイング”とは?
  • どんな速球も平気になるトレーニング方法とは?
  • 狙い撃ちが自由自在になる“格闘技を応用したトレーニング”とは?
  • スランプにならない“絶対的な理論”とは?
  • 理想的な野球体系な下半身にする最も効果的なトレーニングとは?
  • 素振りオタクが陥りやすい!?素振りで最も気を付けなければいけないこととは?
  • 長距離ヒッターになる“空間練習法”とは?
  • 練習時間の確保が難しい場合の“コピートレーニング”とは?
  • 万年補欠選手が最速でレギュラーになる“ある方法”とは?
  • わずかな時間でもできる“WTトレーニング”とは?
    etc
  • 特典1 あなたのお子さんをプロ野球選手にするために[PDF版]
  • 特典2 よくある質問集[PDF版]

総評

確かに野球界は間違った常識が未だに横行しているというイメージがありますね。プロの常識とアマの常識がここまで違うスポーツもめずらしいのではないでしょうか?
上記に書いてあった「ボールを上から叩け」は王選手が荒川博コーチと畳の上でバッティング練習をしているあの有名な白黒映像がキッカケになって全国に広まったようです。しかし王選手のスイングは今見てもらえればわかると思いますがどちらかと言えばアッパースイングなんです。では「なんであんな極端なダウンスイングをしていたのか?」と疑問ですよね。実は、あのスイングは、極端にアッパースイングになってしまう王選手の体を矯正するためにあのスイングを練習していたのだとか。こんな感じで間違った情報が伝わるんですね。
あなたの野球の常識ももしかしたら間違っているかもしれませんね。正しい知識を持って野球をしたいですね。

興味のある事はこちらのバナーをクリック

↓↓↓↓↓↓

セ・リーグ記録の川又選手も現役時代に実践!「栗嶋流!2週間で最強バッターになるシークレットマニュアル」

Simple Blue theme created by Pixel Insert | modified by QHM Temps

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional