野球がもっとうまくなりたい。自分の子供にもっと選手として成長してほしい。

あと一歩、他の選手との差をつけるためには、やはり他人よりも努力は欠かせません。でも闇雲の練習を繰り返すことはケガや選手生命に関わってきます。そんなときのどういった練習をすればいいのか、あなたに合う練習、上達プロセスをご紹介。

オープンスタンス

FrontPage

オープンスタンス

オープンスタンスは、後ろの足が前の足よりホームベースに離れた構え方です。オープンスタンスは、そのまま打つ事は出来ないので、打つ時には、一回閉じる事になります。足は開いているスタンスですが、カラダは閉じて構える選手が多いです。プロ野球でもさまざまな選手がオープンスタンスで打席に立っていますね。

オープンスタンスの長所

オープンスタンスは、開いた状態から一回カラダを閉じて打つ打法なので、打つ時にカラダが開きガチになる選手にはオープンスタンスは有効です。またカラダがピッチャーに向かって開いているため、ピッチャーとボールを両目で見る事ができ、通常よりもよりよく見る事ができるようになります。ピッチャーのフォームやボールをよく見たい人はオープンスタンスはよりよい打法となるでしょう。

オープンスタンスの短所

ステップのタイミングがピッチャーのタイミングにしっかり合わせないと打つ事が難しいです。またステップの場所をしっかり練習しないといけません。場所を間違ってしまうとカラダがひらいた状態でボールを打たないといけなくなってしまいます。打つ瞬間に前の足を開いてステップしないようにしましょう。

打者志望者向けプログラムはこちら

Simple Blue theme created by Pixel Insert | modified by QHM Temps

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional