野球がもっとうまくなりたい。自分の子供にもっと選手として成長してほしい。

あと一歩、他の選手との差をつけるためには、やはり他人よりも努力は欠かせません。でも闇雲の練習を繰り返すことはケガや選手生命に関わってきます。そんなときのどういった練習をすればいいのか、あなたに合う練習、上達プロセスをご紹介。

カーブを投げよう

カーブを投げよう

カーブは変化球の中でも変化の大きいボールなので、よく一番最初に覚える人も多いですよね。けど実はカーブは他の変化球と違って意外と難しいボールなので、あとあと覚えていった方が良いのではないかと私は思っています。
あと間違って覚えるとヒジ、肩にも負担が生じるので、しっかりと指導者やお父さんがフォームの確認をした方が良いでしょう。

カーブの投げ方

カーブは、右中指の腹をボールの縫い目にそろえるようにして握り、親指を少し右側にズラしてボールの下にそえます。
そして投げる瞬間は、手首のヒネリと指で、右へねじるように押し離します。

カーブ

これが基本ですが、プロでもカーブを投げるコツは、ボールを抜く人と押し出す人に分かれるようです。桑田真澄さんは抜く派、工藤公康さんは押し出す派だったと記憶しています。どちらもカーブを投げる印象が強く、カーブの一流ピッチャーですが、投げ方は人によって違うようですね。

抜く人は、ホントに指を添えるだけで曲げるというイメージよりもチェンジアップのような感覚に近いみたいです。押し出す人はボールをより回転させて曲げようという意識が強いようです。

あなたにあったカーブはどちらなのかわかりません。なので、どちらもやってみてはいかがでしょうか?上手くいけば2種類のカーブが投げれるようになるかもしれませんからね。自分にあったカーブを選んでみてください。

カーブ練習法

カーブを投げる中で一番いけないのが曲げよう曲げようとして、フォームが崩れていくこと。これが一番良くないです。特に少年野球のお子さんなどにはカーブのせいでフォームが崩れている選手をよく見かけます。最悪の場合、ケガにつながるので絶対に気をつけないといけませんね。お子さんにも曲げる意識ではなく、正しいフォームで投げることを覚えさせた方がいいでしょう。
そして最初はキャッチャーとの距離をいつもより縮めて、近くで投げる方がいいでしょう。そのことによってしっかり回転するコトや抜くコトを覚えていくでしょう。
ちなみにスリークォーターぎみに投げるとカーブは投げやすいので感覚を覚える際にはスリークォーターで投げてみるのもいいのではないでしょうか。
またフォロースルーが大きいほど大きく曲がるのでその辺りも意識してみてはいかがでしょうか?

カーブはあんまり曲げなくてもいい

実はカーブというボールはあんまり曲げなくてもいいという人が多いのです。カーブはストレートとの球速差からストライクが取れるという人がけっこう多いんです。
また一番やっかいな変化球は打者の近くで曲がる球だ、というプロピッチャーもたくさんいます。
なので、カーブを投げる際にあまり曲げなくてもいいのです。ようは打者にとってどう厄介なボールなのかをはっきりさせた方がいいというコトです。
「私のカーブは球速差で打ち取るカーブです。」「私のカーブは落差で空振りするカーブです。」「私のカーブは手元で急にするどく曲がるカーブです。」といろいろなカーブがあります。曲げるだけがカーブじゃない!!是非そのコトを頭に入れて取り組んでみてください。

投手志望者向けプログラムはこちら

Simple Blue theme created by Pixel Insert | modified by QHM Temps

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional