野球がもっとうまくなりたい。自分の子供にもっと選手として成長してほしい。

あと一歩、他の選手との差をつけるためには、やはり他人よりも努力は欠かせません。でも闇雲の練習を繰り返すことはケガや選手生命に関わってきます。そんなときのどういった練習をすればいいのか、あなたに合う練習、上達プロセスをご紹介。

シュートを投げよう

シュートを投げよう

シュートはスライダーと逆の回転、軌道の変化球です。ストレートでもナチュラルにシュートすることもあります。平松政次、西本聖、川崎憲次郎さんなどプロでも非常に有効な球で、右バッターに向かってくる球です。シュートをマスターすれば、凡打の山を築くことのできる魅力的な球です。よくシュートを若いうちに投げると故障しやすいというような話がありますが、それは間違っています。正しいシュートを投げれば、故障はしません。シュートは曲げようと思って腕をねじってしまうために肩、ヒジを壊してしまうことがあるのです。それはシュートに限らず他の変化球でも同じリスクがあります。怖がらずに、しかし正しいフォームでシュートを投げましょう。

シュートの投げ方

シュートを投げるには、中指と人差し指をボールの縫い目において、親指はボールの中心よりもややずらします。投げる瞬間には、人差し指だけに力を加えてボールに左回転させるようにします。他にもさまざまな握り方もありますが、どのような握り方であっても共通するのが中指で押し込む感覚と人差し指の力の加減です。特に人差し指がポイントになるでしょう。手首や腕をひねって、リリースすると肘に負担がかかるので、絶対にやめましょう。

シュート練習法

シュート

少し腕をさげてサイドスローぎみに投げるとよく曲がりますので、最初はそのように投げてみるといいかもしれません。最初はサイドスローで投げてだんだん本来のフォームに直してみましょう。少し投げてみてもしヒジや肩が痛くなったら、手首や腕をひねっている可能性がありますので、すぐに中止してフォームチェックをした方がいいでしょう。

シュートはコントロールの良いピッチャーに有効

シュートはプロ野球であってもコントロールの悪いピッチャーは使いません。シュートを使う代表的なピッチャーは皆さんコントロールの良いピッチャーばかりです。つまりシュートというのはコントロール良く投げないと使い物にならない球なのです。逆にいうとコントロールの良いピッチャーにとっては大きな武器になる球でしょう。
シュートというボールは、単に右バッターの懐に向かってくるから凡打になるのではなく、ボールの回転とバットの回転が逆になるのでスライダーなどと比べて当たっても飛ばないという利点もあります。
あまり球速は出ないけどコントロールには自信があるという方はぜひ試してみましょう。三振をたくさん取るのも良いですが、シュートを投げて相手を凡退させるというのも楽しいですよ。

投手志望者向けプログラムはこちら

Simple Blue theme created by Pixel Insert | modified by QHM Temps

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional