野球がもっとうまくなりたい。自分の子供にもっと選手として成長してほしい。

あと一歩、他の選手との差をつけるためには、やはり他人よりも努力は欠かせません。でも闇雲の練習を繰り返すことはケガや選手生命に関わってきます。そんなときのどういった練習をすればいいのか、あなたに合う練習、上達プロセスをご紹介。

シンカーを投げよう

シンカーを投げよう

シュートして沈む球がシンカーです。右バッターの場合インコースのひざ元に沈むので対応が難しい。左バッターであってもアウトローに決まるので左バッターにとって苦労する球になるだろう。

シンカーの投げ方

シンカー

ほとんどシュートと同じ握りだ。シュートと違う点は親指を深く入れて握る所だ。投げ方もほぼシュートと同じだ。少し抜く感覚だったり、腕の振りを遅らせたりして、落とすのが一般的だ。シュートと違うのは、親指に少し力を入れる点だろう。この握りをすれば落ちるというよりかは、指先の感覚や腕の振りで変化する球と理解してもらった方がいいだろう。シンカーは抜いて落とす。この感覚をまずはもってもらって練習してください。

シンカー練習法

サイドスローで練習してみるといいかもしれない。サイドスローだとカーブのように抜く感覚を養えるのでその感覚をつかんだ後で、自分のフォームで投げてみるといいかもしれない。またシュートを投げる練習をしながらコツをつかむのもいいだろう。

シンカーを投げる時は腕を痛めないように

シュートと同様に曲げようと腕やヒジを変にねじってしまい、ケガの元になる可能性があります。必ずフォームのチェックをしながら投げ、もし痛みが出てきたら練習をやめた方がいいでしょう。

シンカーの特徴

シンカーもシュートと同様にコントロールがないと生きない球です。右左関係なくしっかり決まれば強力な球になるのですが、どこに行くかわからないと打ちやすい球になってしまいます。コントロールの良いピッチャーは武器にしてみるといいでしょう。
またサイドスローのピッチャーは、シンカーを投げやすいのでサイドスローのピッチャーはぜひシンカーを投げてみてはいかがでしょうか?プロの選手でもシンカーは投げられない人が多いです。またシンカーを使う主なプロ選手は、潮崎哲也や高津臣吾などサイドの選手が多いです。上から投げる人でも少し腕を下げて投げる人が多いので、横投げの人の方がシンカーは投げやすいでしょう。

投手志望者向けプログラムはこちら

Simple Blue theme created by Pixel Insert | modified by QHM Temps

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional