野球がもっとうまくなりたい。自分の子供にもっと選手として成長してほしい。

あと一歩、他の選手との差をつけるためには、やはり他人よりも努力は欠かせません。でも闇雲の練習を繰り返すことはケガや選手生命に関わってきます。そんなときのどういった練習をすればいいのか、あなたに合う練習、上達プロセスをご紹介。

スライダーを投げよう

スライダーを投げよう

スライダーは、今一番旬な変化球と言えるでしょう。投げ方もストレートとほぼ一緒で投げやすいですし、落ちるスライダーから打者の手元で曲がるスライダー、横に曲がるスライダーとさまざまな種類のスライダーがあることや、肩やヒジへの負担が少ないと言われているのも流行している理由でしょう。フォームに違いがないので、変化球なのか、ストレートなのか判断つきにくいのも打ちにくいという理由もあるでしょう。プロ野球選手もほとんどの人が投げるスライダーなので、あなたも覚えたいですよね。

スライダーの投げ方

人差し指、中指、親指を少し右側にズラして握る。このままでも曲がりますが、さらに曲げたい場合は、ボールを投げる瞬間に中指に力を入れればもっと曲げれます。親指をちょっと曲げることで、曲がり具合と球速を調節できたりします。

スライダー練習法

スライダー

スライダーは、曲がりがわかりにくいので、まずはストレートを投げながらそのままのフォーム、距離で投げてみるといいでしょう。曲がらない場合は、距離を逆に遠くしてみるのも手でしょう。そうすれば曲がっているのがよくわかるかもしれません。カットボールなど打者の手元で鋭く曲がるボールは、それはそれで有効ですので、無理に大きく曲げる必要はありません。自分にあったスライダーを投げていきましょう。
カーブみたいに曲がる人は、手首をひねっている可能性があります。チョップのイメージで手首を固定して投げてみましょう。

スライダーはさまざまな工夫でさまざまな変化をする

スライダーは手先の力の入れ具合や指の添え方によって、変化がかわってきます。フォーシームストレートを横にずらした握りのフォーシームスライダーや、手の甲をサード側へ向けたり、親指の曲げ具合を変えたり、さまざまな工夫で、さまざまな変化をします。自分で工夫しながら投げれる変化球なので、変化球を磨くのに一番楽しい変化球かもしれませんね。

スライダーの利点

スライダーは基本的には打者の手元で急に曲がるので打者がストレートだと思って打ちにいって対応できない球です。なので、カウントを取りにいくには最適なボールでしょう。
ちなみに広島東洋カープ、ロサンゼルス・ドジャース、ニューヨーク・ヤンキースに所属した黒田博樹選手のスライダーは5cmくらいしかまがっていないそうです。それでも打者の手元で急に曲がるので全く打てないのでしょう。曲がりの大きいスライダーだと空振りも狙えるので、決め球にもできますね。あなたのスライダーにあわせてボールカウントによって使い分けると良いでしょう。

投手志望者向けプログラムはこちら

Simple Blue theme created by Pixel Insert | modified by QHM Temps

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional