野球がもっとうまくなりたい。自分の子供にもっと選手として成長してほしい。

あと一歩、他の選手との差をつけるためには、やはり他人よりも努力は欠かせません。でも闇雲の練習を繰り返すことはケガや選手生命に関わってきます。そんなときのどういった練習をすればいいのか、あなたに合う練習、上達プロセスをご紹介。

ナックルボールを投げよう

ナックルボールを投げよう

ナックルボールは、ボールに回転を与えないで投げる事で、フラフラとどこにいくかわからないような軌道をしながら沈んでくる球です。この球を投げる人は、ナックルボーラーと言われるくらい特殊な変化球だと言えるでしょう。
しかし、ボールが回転しないので、バットで捉えられるとインパクトで与えられるスピンの影響をまともに受けて、打球は他の球種の時よりも飛距離が伸びると言われています。つまり諸刃の剣と言えるでしょう。
ナックルは三振にとると言うよりは、打たせて取るために投げる変化球といえます。

ナックルボールの投げ方

中3本の指を折り曲げて、第一関節の裏側でボールをおさえる。そして、親指と小指はささえる程度で握る。
もう一つの握り方として、ボールの縫い目に人差し指と中指を立てて握る。そして、ツメの部分ではじくようにして投げる。指先ではじきやすような感覚で投げると良いだろう。人によってツメが強い人、弱い人がいる。強い人は後者の投げ方で、弱い人は前者の投げ方で投げてみると良いだろう。
どちらの投げ方も手首を使わないので、手首を固定して回転を与えないようにしよう。

ナックルボールを投げられたら超一流

ナックルボール

ナックルボールの習得難易度は最高レベルです。投げられない人の方が圧倒的に多い球種です。しかもそんな変化球なのにナックルは、投げている自分のほうから観ると揺れて落ちているかが判別しにくい球です。ナックルを投げられたと思っていても、本当はナックルの握りをしただけで、普通に自由落下した球である事がほとんどで、ただのすっぽ抜けのチェンジアップであることがほとんどです。本当にナックルを投げられたらはしっかりと揺れて落ちていきます。プロ野球選手でもなかなか習得できるものではありません。一度、バッターボックスに立ってもらうか、キャッチャーに聞いてもらって、どのような軌道だったのかを確認する必要があるでしょう。
この球は、非常に難しい球なので、投げられなくても落ち込まなくても良いです。もし投げられたら即プロ野球選手になれる可能性があるような球です。挑戦する事はいいことですので、楽しんで習得できなくてもいいやくらいの思いで、練習してみると良いでしょう。

ナックルボールのチェックポイント

ナックルボールを投げるためには、まず回転を押さえられるようにして、ほぼ無回転になるように投げましょう。そして、軌道を山なりに投げるのではなく、まっすぐ気味で投げれるようにしましょう。その後、コントロールがつけるように練習し、球速も調節できるようになると完璧でしょう。

投手志望者向けプログラムはこちら

Simple Blue theme created by Pixel Insert | modified by QHM Temps

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional