野球がもっとうまくなりたい。自分の子供にもっと選手として成長してほしい。

あと一歩、他の選手との差をつけるためには、やはり他人よりも努力は欠かせません。でも闇雲の練習を繰り返すことはケガや選手生命に関わってきます。そんなときのどういった練習をすればいいのか、あなたに合う練習、上達プロセスをご紹介。

パームボールを投げよう

パームボールを投げよう

フォークのようにバッターの手元で落ちるボール。フォークボールのようにスピードはなく、どちらかというとチェンジアップに似ている。リリース直後から落ちはじめ、高めを投げたような錯覚を打者に与え、そこから落ちる事で打者の視線を上下させることができる。ちちなみにパームとは「手のひらという意味だ。

パームボールの投げ方

カーブ

ボールの下部に手のひらと、中指、薬指、人差し指の3本の指の真ん中あたりまで触れさせて、親指と小指を使い支えるように握る。力を入れるトコロは、手のひらと親指、小指。指はほぼ使わず、手のひらで投げる感覚に近い。リリース時に手をパーに開きながら押し出すようになる。

パームボール練習法

最初は距離を縮めて投げてみましょう。届くようだったらだんだん距離を長くしていけばいいでしょう。同じようなフォ-ムで投げ、投げる方の手がなるべく打者に見えないように練習すると良いでしょう。

パームボールの弱点と良い点

パームボールは握りなどが見えるとすぐにわかるボールです。なるべくばれないようリリースが見えないようにしないといけません。逆にいうとリリースが見えにくいフォームをしているピッチャーには有効な球でしょう。遅い球特有の、フォームで遅い球が来るとバレてしまうというのが、パームボールに限ってはあまりないので、遅い球をマスターしたい人の選択肢の中に入るでしょう。
パームボールは一度高目に来たと思ったら低めに落ちるというボールなので、低めにコントロールできるように心がけましょう。落差と球威差がポイントの球です。

投手志望者向けプログラムはこちら

Simple Blue theme created by Pixel Insert | modified by QHM Temps

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional