野球がもっとうまくなりたい。自分の子供にもっと選手として成長してほしい。

あと一歩、他の選手との差をつけるためには、やはり他人よりも努力は欠かせません。でも闇雲の練習を繰り返すことはケガや選手生命に関わってきます。そんなときのどういった練習をすればいいのか、あなたに合う練習、上達プロセスをご紹介。

ピッチングフォーム

ピッチングフォーム

野球上達教室

野球の勝敗の8割はピッチャーにかかっていると言われています。それほどピッチャーというポジションは大切なのです。野球の華と言えば、ピッチャーですもんね。しかし、ピッチャーはただ投げるだけではつとまりません。速い球を投げ、相手バッターがびっくりするような変化球を投げなければ、相手を抑えることはできません。そのためにはしっかりとしたピッチングフォームで投げないといけません。それではピッチングフォームを学んでいきましょう。
ピッチングフォームは全部で4種類。オーバースロースリークォータースローサイドスローアンダースローとあります。この中でどのフォームを選ぶかはあなたの好み次第。さあ、ピッチングフォームを学んでいきましょう。

Simple Blue theme created by Pixel Insert | modified by QHM Temps

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional