野球がもっとうまくなりたい。自分の子供にもっと選手として成長してほしい。

あと一歩、他の選手との差をつけるためには、やはり他人よりも努力は欠かせません。でも闇雲の練習を繰り返すことはケガや選手生命に関わってきます。そんなときのどういった練習をすればいいのか、あなたに合う練習、上達プロセスをご紹介。

捕球

守備編

捕球

捕球は、野球の基本中の基本です。しっかりミスなくボールをキャッチできてこそ、野球ができます。野球をする上で大事な基本ですので、捕球はしっかりマスターしましょう。捕球はカンタンで見逃されガチですが、大事な技術です。最初のうちから悪いクセがつかないようにしましょう。

捕球は自然に

捕球は、自然な形で取るのが一番良いです。グラブの中の指は力を抜いて大きく開いて、自然な形にしましょう。グラブを大きく開きすぎると力が入りすぎるので、開きすぎないようにしましょう。掴むというよりかは、グラブに当てるという感覚が正しいでしょう。よく素手でもつかめるようにと習うかもしれませんが、それは間違いです。現在は、グラブが発達して、そんなに力を入れて捕球する必要がありません。逆に力が入りすぎてよくありません。力を入れず自然な形で捕球できるようにしましょう。

腕の位置

ボールをとる腕の位置は、力を抜いて自然な位置で取る事が重要です。ひじの力を抜き、円を描ける位置でグラブを出して取るのが一番良いです。
腕を出しすぎたり、ひっこめすぎてもいけません。程よい位置で捕球できるようにしましょう。捕球位置が遠すぎたり、近すぎると次の動作に悪影響を与えるので気をつけましょう。

ひじは適度にあける

ヒジを開きすぎると捕球の際にスムーズに腕を動かし図楽なってしまいます。逆にヒジをしめてしまうのも動きが窮屈になりよくありません。少しヒジを開き自然な状態にしましょう。

ボールに正対しよう

ボールを捕球する時は、手の平をボールの方向にしっかり向けて捕球しましょう。斜めになっていたりすると、捕球位置がずれてしまいます。自然な形で正対するようにしましょう。
初心者にありがちなのが、グラブを下に向けてしまう事です。捕球した後などグラブが下に向いていたら次の動作に悪影響をあたえてしまいます。キャッチボールをするさい、山なりにボールを投げるとグラブを下に向けてしまう傾向がありますので、注意しましょう。

 捕球で大切なこと

捕球で一番大切なのは、力を入れすぎず、自然な状態でボールを捕球するコト。硬くなりすぎず、自然な動作でボールをキャッチできるように練習しましょう。

Simple Blue theme created by Pixel Insert | modified by QHM Temps

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional