野球がもっとうまくなりたい。自分の子供にもっと選手として成長してほしい。

あと一歩、他の選手との差をつけるためには、やはり他人よりも努力は欠かせません。でも闇雲の練習を繰り返すことはケガや選手生命に関わってきます。そんなときのどういった練習をすればいいのか、あなたに合う練習、上達プロセスをご紹介。

桑田真澄(元パイレーツ投手)2

守備

「両手で取る」「正面で取る」「体で止めなさい」「三角形の頂点で止めなさい」「両手で取る」これらすべて間違い。

少年野球チーム

野球は、バッターをアウトにするゲームです。体の正面は体の向きを変えれば、角度が変われば、正面はいくらでもあります。横を向いても体の正面で取ればいいのです。
グローブが発達している今は両手で取る必要はありません。むしろアウトをとる事を考えれば、片手でとってすぐ投げられる体制にした方が良いのです。
ボールはリズムでボールをとる事が大切です。

キャッチボール ボールの投げ方

キャッチボールの時に声を出すのが普通ですが、桑田さんは出さない方が良いと言います。なぜなら投げる時に集中してやった方がいいので、声をださなくていいのだそうです。確かにボールを投げるというのは、フォームのチェックや指先の感覚が大事ですので、声を出さない方がいいというのは、一理ありますね。

少年野球チーム

また、ボールを真上から投げる、ひじがあがった所から投げ下ろし、耳をこするように投げるのは間違い。あまりにも上から投げ下ろす人が多いようです。
ボールを投げると時は、頭と腕がグローブ一個分あけたほうがいいです。確かに体の構造的に上から投げるのは、無理があります。やや下げた方が力が入りますもんね。なので、少し体を傾けると自然にキッチリと投げられます。
人によって体の構造は違います。なので、人それぞれ自分に合ったフォームを見つける、自分のあったフォームを体に負担にならないフォームを見つけるのが大切なのです。

変化球

よく最初に覚えたボールがカーブという人が多いといいますが、実は、カーブは一番難しい変化球だと桑田さんは言います。その理由は腕の使い方から全く違うから。他はフォームはほぼストレートと同じように投げて指先だけ違いますが、カーブは腕の使い方から違

少年野球チーム

いますからね。カーブを投げるコツは

  • カーブは抜く
  • 空手チョップのように投げる
  • 手首はひねらない
  • リリースの瞬間に中指でかく
  • 後ろに体重を残すようなイメージで

小中学生が始めて覚えるべきボールは、チェンジアップがいいそうです。その理由は、まっすぐと投げ方が一緒で、体に負担がないので、非常に良いボールなのだそうです。チェンジアップを投げるコツは

  • 中指と薬指で握る
  • 力が入らないように中指と薬指で開く
  • ストレートと同じイメージで投げる

桑田真澄(元パイレーツ投手)2

桑田真澄関連

Simple Blue theme created by Pixel Insert | modified by QHM Temps

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional