野球がもっとうまくなりたい。自分の子供にもっと選手として成長してほしい。

あと一歩、他の選手との差をつけるためには、やはり他人よりも努力は欠かせません。でも闇雲の練習を繰り返すことはケガや選手生命に関わってきます。そんなときのどういった練習をすればいいのか、あなたに合う練習、上達プロセスをご紹介。

食事トレーニング2

食事トレーニング2

では、食事をしていく上で、具体的に何をとっていけばいいのでしょうか?どんな栄養素がどのように体に作用するのか知っておけば、自分がとりたい栄養素がすぐにわかりますね。さあ、これを見て、あなたがとらなければいけない栄養素を確認して、今日からたくさん食べましょう!!

たんぱく質

たんぱく質はなんといっても筋肉のもと。筋肉トレーニングをしている人は是非たくさんとりたいのが、たんぱく質です。たんぱく質をとらなければ、筋肉トレーニングをしても全く意味がなくなります。是非、たんぱく質をとりましょう。
たんぱく質は、食事を何回にもわけてとると良いです。また、さまざまな食材からたんぱく質をとった方が有効的です。肉、魚、大豆、たまごなど、さまなまな食材からたんぱく質をとりましょう。

カルシウム

野球上達教室

カルシウムで強い骨をつくりましょう。強い骨は、10代まで。10代の間にたくさんカルシウムをとりましょう。骨はその人の骨格を作る大切な部位で、体を大きくしたい人はカルシウムをとらなければ、体は大きくなりません。特に高校生の頃に骨格が決まってくるので、ぜひたくさんカルシウムをとりましょう。カルシウムをとるには、牛乳が一番。食事をとるときに、ジュースなどの水分ではなく、牛乳をなるべくとるようにしましょう。炭酸飲料などは、カルシウムをとれないばかりでなく、カルシウムを逃がしてしまう可能性があるので、なるべくとらないようにしましょう。

鉄分

鉄分は酸素を運ぶための血の原料です。鉄分をしっかりとらないと激しい運動についてこれなくなります。激しい運動を行うためにも鉄分をしっかりとりましょう。鉄分はやはりレバーが一番です。レバーをとるようにしましょう。

ビタミン

ビタミンはコンディションを整えるのに大変必要な栄養素です。ビタミンをしっかり取らないと試合などで万全な体調で挑むことができません。ビタミンは縁の下の力持ち。全ての栄養素を下支えする役割なので、きっちりとりましょう。

糖質

糖質はスタミナや持久力を作ります。激しい運動についていくためには、糖質は欠かせない栄養素。やはり糖質はご飯の中にたくさん入っているので、しっかりとご飯を食べましょう。試合の3日前くらいからしっかりご飯を何回にもわけて食べると効果的です。

一日五食食べよう

野球をする上で食事はたくさん食べた方が良いでしょう。一日5食食べるのが理想です。5食は、朝食、昼食、練習前、練習中、練習後、夕食の5回食べるのが一番良いです。練習中は、エネルギーになりやすい糖質を、練習中は、水分と軽く糖質を、練習後は、たんぱく質を多くとりましょう。

Simple Blue theme created by Pixel Insert | modified by QHM Temps

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional